Voice of the heart

綴ってます

簡単には生きていない


愛想笑いが嫌になった


生きていくために
身に着けたのに


急にどうしたんだと思った


うん


それで分かった


生きていくことが
嫌になったんだ





そんなことあるよ


誰にだってあるんだよ


僕にだってあるし


君だけが特別じゃない





笑わなくていいよ


泣いたままでいいよ


生き辛いのは
君だけじゃないんだよ





簡単に生きてるわけじゃないから


簡単に死なないで





意味なんてなくていい


そんなの必要あるかい





君が死んだら僕が悲しむ


それだけじゃダメかい





愛想笑いが嫌いになった


きっと君が傍にいても
僕は笑えないだろう


でも


君と心から笑い転げられる日が
来たらいいなって思うんだよ


うん


そう思うんだよ



生きていくことに
夢を見出した気がしてる



それは



間違いなく君のお陰









×

非ログインユーザーとして返信する