Voice of the heart

綴ってます

ささやかな抵抗


隙間だらけだから
ぎゅっと集めてみたら
ちょうど半分空いたから
そこを何かで埋めたくている


何がいいかなって
ずっと考えている


君の代わりがなかなか見つからない


正直に言えば
半分以上空いてるよ
ほぼ君で埋まってた
僕の心の中


少しだけ見栄を張ったんだ
あんまり意味はないけどさ


他人の前では
何事もなかったように
笑って暮らしているよ
ささやかな抵抗として


世の中は十二月だってさ
クリスマスだってさ
独りの夜は気が狂いそうになる


君は誰と過ごすの
僕にはもう関係ないことだけどさ


隙間だらけだから
ぎゅっと集めてみたら
残っていた何かから
ぽたぽたと水が滴り落ちてきた


ちゃんと分かってるよ


でも認めたくないよ


ささやかな抵抗として









×

非ログインユーザーとして返信する