Voice of the heart

綴ってます

漠然


真夏に逢いたかった



優柔不断の僕は
相変わらず寝っ転がって
空見てるよ


退屈さは
同じかそれ以上なのに
無情だね



漠然とした思い



漠然としてるのに
逢いたいという気持ちは
はっきりしてる


思い出すのは
君の嬉しそうな笑顔
僕を呼ぶ声



それから向日葵



季節の変わり目って
何処にあるの



空を見てまた思う



真夏に逢いたかった



×

非ログインユーザーとして返信する