Voice of the heart

綴ってます

苦いだけの珈琲


苦いだけの濃褐色を
味わうことなく流し込んで
醜く顔をしかめるだけなのに
何故かしら
今の私にはピッタリで
癖になる


どうしても好きになれない


けれどまた求める


甘いから好きだったのに


苦いだけの濃褐色


今の私


貴方は知ったら驚くでしょう



×

非ログインユーザーとして返信する