Voice of the heart

綴ってます

呵責


壊れてく様を眺めてた


何も言わず


ただただ眺めてた


きっとそれは共犯者


否それとも確信犯


行く先が見えずとも


解っていたのに


止めることもせず


想定内通りに流れても


呵責の行き場はなく


小さな画面の中での出来事


指先ひとつで終わる物語


壊れた後は存在したことさえ


無かったことになってく


そんな世界


そんな世界で私は


今日も罪の意識もないままに


ただただ眺めてる



×

非ログインユーザーとして返信する