Voice of the heart

綴ってます

飛べない小鳥


溢れるままに流せばいい



止めることなく零せばいい





記憶から痛むなら


思い出など捨ててしまえばいい





冷たい風に触れる頬


傷ついたのはそこじゃない






誰に癒せる?



何処で癒せる?



いつになったら眠れる?





飛べない小鳥たちが泣く





朝の冷たさに震えて


温もりさえ知らないままで





飛べないのなら這いつくばればいい





声を上げて泣け






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。