Voice of the heart

綴ってます

絵空事


まだ何も始まってさえいないのに


終わりなど来るはずもなく


なのに何故こんなに怯えてしまうんだろう





あの日の約束はまだ


果たせていないね


かといって忘れることも出来ないんだけど






雪が見たいって君は笑った


飽きるほど見せてあげるよと僕は言った





絵空事のような約束になったね






簡単なことほど難しい




不器用な僕の恋はいつも






始まってさえいないのに






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。