Voice of the heart

綴ってます

オードリュクスイノセント


タンスの奥から引っ張り出した
半袖のシャツから
懐かしい匂いがして


思いっきり吸い込んだんだ


君と暮らしていた頃の
あの景色が甦って来て
無性に君が恋しくなった


新しい柔軟剤の匂いは
まだ慣れなくて
でも良い匂いだなって思ったんだよ


今度いつ会えるんだっけ?


その前に電話するよ
そうだね
今夜もまた話そう


君が観た映画の話と
僕が食べたラーメンの話をしよう


どうでもいい話繰り返しながら
二人の距離を縮めるんだ