Voice of the heart

綴ってます

人たらし


喧騒は余計孤独を感じさせる


だから街は嫌い



「君は人たらしだね」



いつか出会った誰かの言葉


思い出して苦笑い




地下鉄の窓に映る顔


本当の私は何処




本音隠して愛想笑い


本当の私は何処




「君は人たらしだね」



何にも知らない誰かの言葉


諦めに似た溜息ついた