Voice of the heart

綴ってます

夜風


思い出に浸らせはしない


ただ柔く


未熟な羞恥も


日々の反省も


一瞬で黙らせ


首筋から全身に抜けていく


この一瞬に


生きていてよかったと思わせる


夜風よ

×

非ログインユーザーとして返信する