Voice of the heart

綴ってます

句読点


愚かなことだと気がついている




それでも求めてしまう




触れたら安堵する



  
    そしてまた絶望






句読点を何度打っても
日が変われば
朝日が昇るように
また一言目が生まれる




はらりはらりと
    はらりはらりと




夕日が沈む頃には
また溜息が生まれる




溜息が冷たく広がって
星が目覚め
その星達も眠る頃




また一言が生まれ




気紛れに句読点ひとつ




    安堵と絶望繰り返し




続きは色付きの夢の中で





はらりはらりと
    はらりはらりと