Voice of the heart

綴ってます

こんな僕でも


なんだったかな


たしか、君から言ったんだっけ


それとも僕からだったかな


それすら曖昧



なんだったかな


別に今となってはどうだっていいんだけど


思い出したいんだ


素敵なことだったはずなんだ



怠惰に生きてる僕が


あの時はキラキラした気がする


笑うなよ


君がいつも言うからさ


もう少しちゃんとしてって



ちゃんとしてるつもりなんだけどさ


君から見たらダメなんだろな



だけどこれだけは言っとく



君以外どうだっていい


わかるだろ?



こんな僕でもそれくらい言えるさ


君がいたらあとのことはどうだっていいんだ



こんなこと言える僕


かっこいいだろ?



笑うなよ


君だって僕に惚れてるくせに








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。