Voice of the heart

綴ってます

刹那の夏


静かに夏が過ぎていく


太陽はくっきりと腕に足跡残すけど



静かに夏が過ぎていく


思い出なんて言えないくらい


なんにもないけど




打ちあがった花火は


その名の通り夜空に咲く火の花で


泣きたいくらい美しく


刹那の夏の象徴だった




だから人は優しくなれるし


だから人は残酷にもなる




あなたが今どこで何をしていても


もう私には関係ない




風が通り抜けるように




静かに夏が過ぎていく


そして


あなたと私の距離が広がっていく








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。