Voice of the heart

綴ってます

海の果て


愛してるよって言う言葉に
愛がないことくらい
私 知ってるわ



愛してるよって言われるたびに
その現実が突き刺さって来て
虚しくなるの



だから言わないで



そんな言葉は今は要らない



私の肌に溺れて悦ぶあなたの
体の重みを感じることが
今の幸せ



それ以上は要らない



私の海で溺れるあなたを
必死で抱き寄せるから




あなたの肩の向こうに見える空



私には遠すぎて届かない



あなたと共に
私も溺れる



この海の果てに
一緒に連れてって








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。