Voice of the heart

綴ってます

浅い器


小さな子供みたいに泣く僕を
弱虫だと笑わないで


格好悪いって思うけど
我慢なんて出来なくて


ううん


我慢はしてきたんだ


ずっと
ずっと
我慢はしてきたんだ


出来るだけ格好つけて
強がって
精一杯背伸びして
君より先に大人になろうとしてた


無理ばかりして
だけど平然な顔をして
自分自身を偽って


浅い器だから
底なんてすぐ見えて


浅い器だから
限界なんてすぐやって来た


僕は僕の手で
僕の器を割ったんだ


散らばった破片は
僕を傷つける


こんな僕を見せたくないけど
会いたいのは君だけなんだ


呆れる君の顔
簡単に想像できる


だけど


小さな子供みたいに泣く僕を
弱虫だと笑わないで








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。