Voice of the heart

綴ってます

一日千秋


あなたに対する言い訳は
全部自分に向けていた



今だけよければいいって言いながら
永遠の約束を欲しがった




憎しみは愛されたい希望で


苦しさの中で幸せを感じてた




全部分かっていた




知らないふりをしていただけで
本当はちゃんと気が付いていた





大好きな想い
伝わり合っていると信じてた




今更嫌いになんてなれるわけない





本当よ





今でもあなたを待っている








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。