Voice of the heart

綴ってます

最初で最後の


昼間の明りの下で
パーティーの残骸が
異様な違和感を放つ



哀しみは
そこら中に広がっていて
もう手に負えないんだ



泣きたいのは軽い頭痛のせい



浮かれて淡い綺麗な泡を飲み干し
飾っておきたい白いクリームを平らげ
そして
君にキスをしたんだ



憶えているよ


ちゃんと憶えている


君にキスをしたんだ




それが最初で最後




思い出と呼ぶにはまだ早過ぎて
昼間の明りは泣きたいほど残酷で
異様な違和感しかないこの部屋で
何も手につかないまま



ただ泣きたいのを堪えている









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。