Voice of the heart

綴ってます

寝息


あなたの寝息が愛しくて


私は少し微笑んだ



白々と朝になる頃



カラスが鳴いたから


また少し微笑んだ






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。