Voice of the heart

綴ってます

一番幸福な朝


嫌なことから逃げたくて
目を閉じた
眠っている間に
すべて終わっていればいいと願った



目覚めても状況は何一つ変わりなく
もう逃げ場所もないから
諦めてまた目を閉じた



永遠に覚めなくていいとさえ思い
最後に見る夢なら
あの日のあの朝がいいと思った



別れの朝なのに
生涯で一番幸福な朝だった



二人で食べたパンは
世界で一番美味しくて
今でも思い出す



別れの朝なのに
戻れるならあの朝がいい









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。