Voice of the heart

綴ってます

碧い海のドロップ


キラキラと光る魚の群れを
ぼんやりと、
ぼんやりと眺めていた



蘇る遠い記憶は
碧く深い海の底



無邪気さと正反対にいた私



甘いキャンディさえ吐き出して
涙味のドロップには飽きていた



螺旋階段のような
「どうして」
「なんで」



静かな、とても静かな
真夜中とも早朝とも言えない時間の
遠く遠く響く貨物列車の音が
妙に嬉しくて



とても晴れた風の優しい日には
波の音が子守唄



地平線の向こう
地球が丸いことは知っていた


でも、幸せって何だろう



漠然と「幸せ」に憧れて
それが憐れなことだとは知らなかった



魚は跳ねる
キラキラと跳ねる
私はその魚の群れを
ぼんやりと、
ぼんやりと眺めていた



蘇る遠い記憶



今は泣かない私がいる



×

非ログインユーザーとして返信する