Voice of the heart

綴ってます

掌の宇宙


差し伸べられた手が
思いのほか温かくって
私の冷たい指先が
とても恥ずかしく思えた


涙が出そうになる


温もりを知るからこそ
冷たさが哀しくなる



当たり前のことなど
実はどこにもなくて
とんでもない奇跡の積み重ねの中で
私達は生かされている



見上げた夜空


流れ星


ほら


遥か遠い奇跡が届く



×

非ログインユーザーとして返信する