Voice of the heart

綴ってます

今でも君に恋をする


痛みを分かち合う同志の様な君との
はしゃいだ季節は遠く


伝える術もないままに
離れた時間もただ遠く


春の月明りの夜に
君の足元に散り広がる白い花びらみたいに


鮮やかに
華やかに
哀しくて


そんな恋だった



そう、あれは確かに恋だった



叶わぬ夢の中の



愛しさが
切なくて


あの時の君の夢に
自分の夢を重ね
幼い子供の様な無邪気さで


もう戻ることはないけれど
だからこそ尊く



今でも君に恋をする