Voice of the heart

綴ってます

朝の色


二人で迎えた朝の色


あれはとても綺麗だった



おやすみって言って
もう朝だねって笑った



寒い朝でも嬉しくって
窓を開けて
寒いよって笑った



眠いのに
眠くないって言って
また笑った



あれはとても幸せだった



あの朝の色の中に
二人の幸せが詰まっていた








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。