Voice of the heart

綴ってます

みかん


みかんの白い筋を取りながら
ぼんやりぼんやり考えていた



確かあれは晴れの日の
遠くのお山がよく見えた日
一番近くて
一番遠い
思い出の日



口に入れたみかんの房は
ひんやりして
甘酸っぱくて
美味しいのに泣けてきた



親指の爪の間に残った白い筋が
なかなか綺麗に取れなくて
それは
まるで
今の自分を表しているようだと
妙に納得しながら



また
ぼんやりぼんやり考えていた








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。