Voice of the heart

綴ってます

出来心


喉の渇きが癒せない


ずっと感じていた虚無感と一緒に




君の愛はどこへ向かうの


僕はずっとここで見ているだけだね


砂漠の花でさえ華やかなのに


満ち足りたこの世界で


干からびていくよ


干からびていく





やっと話せたことが愚痴だったこと


涙が出るほど後悔している


君に残せた記憶が決定的に最低になった


隣の芝生は青いままなのに


干からびていくよ


干からびていく





どうしてこんなに愛は悲しいの


憧れは憧れのまま触れずにいたらよかった


ほんの出来心


全てあの日から始まってしまったね





喉の渇きが癒せない


ずっと感じていた虚無感と一緒に



×

非ログインユーザーとして返信する