Voice of the heart

綴ってます

夢の住人


長い夢だった



季節は何度も過ぎて


穏やかな時も


荒々しい時も


寄り添いながら


離れながら


二人は長い夢をみていた



いつか目覚める時を知りながら


いつまでも夢を見ていたくて


心はいつも見つめあっていた




覚めても


探す


夢の中の君を








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。